金融

リップルが270円を突破!仮想通貨の保管先はどうする?

更新日:



リップル(XRP)の保管場所について悩んでいます。

前回、記事で書いたのですが、私83000XRPを保有してて、

現在(2017年12月30日)リップル(XRP)価格が275.17円になってます(笑顔)

仮想通貨(リップル)保有者の俺はXRPで8300万円儲かった!?

↑以前の記事です。

83000XRP×275.17円=2283万9110円の含み益なのですが、困った事が1つ。

リップル(XRP)の保管場所です!

私はもともとMr.Ripple(ミスター・リップル)と言う所にウォレットと言う財布を作って保管していました。

Mr.Rippleさんは一生懸命に頑張ってらっしゃるとは思うのですが、対応が・・・ちょっと。。。

口座開設のトラブル、入金の遅延、連絡しても返信がない・・・。

詳しくはネットで調べて見て下さいね(苦笑い)

で、2019年9月に全面リニューアルをされてMr. Exchangeに社名変更されています。

【Mr. Rippleの会員様には下記よりマイグレーション(移行)手続きをして下さい】とのアナウンスが

流れているのですが、ちょっと怖いです。

何故なら、ネットの記事なのですが、シークレットキーが書き換えられてXRPの移行や出金が出来ない。

Mr. Exchange社の対応は「当社ではどうしようもない・・」泣き寝入り!?

などの情報があるからです。真実は定かではありませんが、実際にMr.Rippleの時代にやり取りをした私からすれば、「あ~本当だろうな~」と思えます。

で、含み益が2000万円を超えてきたこの時点で、どう安全な場所へリップル(XRP)を移行するか・・・。が悩みの種です!

 

リップル(XRP)はどこに保管するべきか!?

色々ネットで調べているのですが、基本的な保管場所は、

・ウォレット内

・取引所

・ハードウェアウォレット

・ソフトウェアウォレット

になります。

ウォレット取引所はインターネット上の会社(第三者)信用を担保として

預けている状況です。

具体的には、ウォレットは財布と言う位置付けなので取引はできません。

取引をする目的であれば取引所に資金をプールする事になります。

いずれにせよ、ウォレットや取引所はハッキングなどのリスクが付きまといます!

また、預けている会社の代表や社員が悪意を持って資金を奪う事も考えられますね。

私はこの状況です!

 

では、どるすか?

・ハードウェアウォレット

を検討しています。

ただ、現在リップル(XRP)に対応しているのは

調べた限り1社のみフランスのLedger社が販売している商品です。

おすすめはLedger Nano Sです。楽天・amazonやオークションでも販売されていますが、

一番安心なのは、直販(Ledger社)でネット購入する事です。

 

ただ外国語のサイトなので「苦手だな~」と思われる方は安心できるECサイトで購入する事を

おススメします。

 

 

ソフトウェアウォレットでリップル(XRP)に対応している業者はあまりないです。

その中で、アップル承認のiOSのウォレットである「Toast Wallet」はそこそこ評判が良いようです。

 

 

アナグロ派の私は、Ledger Nano Sを検討中です。

まとめ

リップル(XRP)価格の急騰で保管先の信用が著しく心配になって来ました。

そこで、安心出来る仮想通貨の保管先について考察してみました。

Ledger Nano Sを購入して、Mr. Exchange社からXRPのマイグレーション(移行)を計画しています。

具体的な進捗をまた報告しますね!

<スポンサーリンク>


-金融
-, , , , ,

Copyright© キーワードなび! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.