生活

安いクリーニング料金のカラクリを知って驚いた!

更新日:



クリーニング料金は安いに越した事はないですよね。

定期的に出すYシャツ。季節モノのコートや毛布など

お世話になっているクリーニング屋さんでも

値段は結構バラバラでよね。

今日はその値段の差について調べて見ました。

また、ネクタイや毛布などのクリーニングって皆さんどうしているのかも

調べて見ましたよ。何かの参考にして下さいね。

クリーニングの相場

まず、クリーニング店の相場についてですけど、

やっぱり都会は高いです。例えばスーツの上下だと東京で1600円

一番安い地方の佐賀県で700円程度と言うデータがありますね。

全国平均で1000円位がスーツのクリーニング料金相場と言う所でしょうか。

また、ネクタイでは、320円~1000円位の値段の差があります。

これは、大手クリーニング店の比較サイトのデータです。

ついでに、毛布類は800円~2000円がクリーニング店の相場で

コインランドリーでは1500円~2000円と言うデータでした。

コインランドリー高!!

でもま~素材やクリーニング方法によっても値段の違いは出てくると

思いますので一概には比較しづらいですね。

では、素材や方法が同じなら値段は一緒なのか?と言うとそうでも無い様です。

一体値段のカラクリは何なのでしょうね!

<スポンサーリンク>


ところで、ネクタイや毛布はクリーニングに出す?

ネクタイのクリーニングは大きく2つの意見に分かれる様です。

・勿論出す意見

上質素材のネクタイなのでクリーニングに出す。

撥水加工をしてもらう。高いネクタイなので長く使う様に手入れには

気をつけている。

・使い捨てでしょう!意見

自分で洗濯していますよ。ネットに入れて洗濯→陰干し→アイロンの手順。

クリーニングに数回出していたらネクタイ買う価格と変わらなくなる。

割り切って自分で洗ってダメになったら処分する。

この様な意見で分かれました。

 

では、毛布はどうでしょうか?

クリーニングには年に数回、梅雨時のチェーン店の割引キャンペーン時に出す!

多数派の意見です。

出さない期間は、毛布乾燥機を活用して、自宅で洗濯→天日干し→毛布乾燥機

この様な手順で清潔さを保っているようでした。

後はコインランドリーって方もいらっしゃいましたが、

コインランドリーは機能は良いが価格が高いと言う意見が多いですね。

 

そう言う事か!料金のカラクリ

クリーニングの料金の違いは「1つの品物にどれだけ時間をかけているか」と言う

全く持って分かり易い理由です。

「え!?じゃー料金の安いクリーニング店は手抜きしているの?」

いいえ、そでうはなく、例えば大手のチェーン店であれば

全自動プレス機を使って機械が一気に作業を済ませると言うイメージです。

人件費削減で未来のAIに仕事を奪われるのでは?(笑)と思われる作業工程で

クリーニングを仕上げて行きます。

で、個人のクリーニング店などは、当然資金力も無いですから

職人が丁寧にアイロンを手動で掛けて行きます。

丁寧に丁寧に手動です。手作業ですよ!価値があると思いませんか!

私は機械で安い方を選びますが(爆)

っとま~こんな感じで値段の差が出る仕組みですね。

とは言っても、大手チェーン店が品質が悪い訳ではないですよ。

企業努力で品質を守りながら低コスト化を実現しています。

 

まとめ

最近ではネットで配達料金無料のクリーニングの仕組みを出来て来ましたね。

お得に清潔に確実にクリーニングを活用するにも情報収集が必要な時代でしょうか。

クリーニング料金安さのカラクリは企業努力によるもので、

もっとお得にクリーニングを活用する為にはキャンペーン情報や

割引チケットを活用すると良いですよ。大きなチェーン店で行っていますので

ネットでチェックしてみて下さい。

<スポンサーリンク>


-生活
-, , , , ,

Copyright© キーワードなび! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.