生活

トイレつまりを簡単に改善させる3つの方法。

投稿日:



トイレのつまりは日常生活でよくあります。「つまったけど何したら良いんだろう」と思っている人も多いのではないのでしょうか。

つまりトラブルはある程度原因が決まっています。最初のするべき対応もほぼ決まっているので、これさえ間違えなければ問題ありません。いつまでもつまりっぱなしというのも生活に困りますからね。

そこで今回はトイレのつまりの原因、適切な対応、業者への料金をまとめています。では、早速つまりの原因を見ていきましょう。

なぜトイレは詰まってしまうのか

トイレが詰まってしまう原因として考えられるのは2つ原因があります。

①固形物によるつまり
②食品の食べ残し、嘔吐物によるつまり

主にこの2点がトイレのつまりの原因となっています。
①固形物によるつまりは大量の排泄物も同様です。鍵、子供のおもちゃを落としてしまい「小さいから放って置いてもいいか」という気持ちや、気づかないうちに落としてしまっている場合があります。これが知らず知らずつまりの原因となっているのです。

②カップラーメンの残り汁をトイレに流してしまう人が稀にいます。それらの汁には大量の油分が含まれているので完全に流れるわけではありません。
嘔吐物も同じく少なからず油分、固形物が含まれています。そのため、お酒を飲みすぎてトイレに吐くという行為がつまりの原因ともなります。

これ以外にもティッシュをトイレで流してしまう人がいます。トイレットペーパーとティッシュは同じ紙ですが作りが全く違います。
ティッシュは水に濡れてもある程度の強度を保てるように薬品(湿潤紙力増強剤)を使って強度を上げています。

なので、完全に水には溶けきれずつまりを起こしてしまうのです。

 

トイレつまりの見分け方と対策

見分け方は非常に簡単です。どんなに鈍い人でも大体はつまりを判断することが出来ます。
トイレつまりは何パターンかに分類できるので、まずはどれが原因なのか落ち着いてゆっくり判断しましょう。

原因が判明したら対策ですが必ず止水栓を締めるようにしてくださいね。

いつもより水位が高い

「ん?なんかいつもより水の位置が高いような…?」と感じたらつまっている危険性があります。
気のせいだったらよいのですが、放置していると最悪の場合便器から溢れてしまい被害が大きくなってしまうかも。

<対策>
このような場合は、もう一度水を流して水位の変化を見ましょう。変わらなければ完全に詰まってしまっています。
少しでも水位に変化があるようだったら多少は水が流れるということです。

では、最初に水位が上昇した分をバケツに移して水を少なくしましょう。次に50ー60度くらいのお湯を投入して1時間程度放置します。

つまりが解消されたか確認のためにお湯を適量入れて水位が下がっていたら、止水栓を緩めておけいです。

 

水を流したとき異様な音が聞こえる

これは固形物が詰まっているかもしれません。何かしらの異物が詰まっている場合があるので異様な音が聞こえたら早急に対応しましょう。

<対策>
異物を取り除く対策としては様々な方法があります。
1つ目は、ゴム手袋、紙袋を手に装備して直接取り除く方法です。これが1番手っ取り早い方法ですね。便器の中に手を突っ込む行為に抵抗がある人もいるかと思われますが、確実なのがこの方法です。

2つ目は、長い棒状のモノを使用することです。棒を使用することで便器の奥まで届くことが可能なので固形物を取り出せる可能性があります。これだったら抵抗感が少ないかもしれませんね。

3つ目は、ラバーカップ=すっぽんを使用することです。

こちらは王道パターンなのでよく使う人は多いのではないのでしょうか。和式用と様式用のラバーカップがあるので間違いないようにしましょう。

 

水の流れがイマイチ悪い

「一応水は流れているから問題ないけどどうしよう」という場合があります。トイレのつまりレベルで言えば軽症ですが、放置してしまえばさらに面倒なことになってしまいます。
気づいた時点でなるべく早く対策をするよう心がけましょう。

<対策>
まずは、先程の対策どおりお湯をかけて様子を見てください。改善されれば良しですがされない場合があります。その場合は、異物がつまりかけているので1度ラバーカップで何度か作業して試してみてください。
だいたいはこの2パターンで解決できます。

 

業者呼ぶとどれくらいお金がかかるの?

専門の業者さんを呼ぶとなったら意外と安く済む場合があります。が中にはボッタくり業者もいるみたいです。合い見積もりを取るなどして慎重に業者の選別をして行きましょう。

・薬による清掃:3,000円程度

・ローポンプによる修理:8,000円~程度

・便器脱着:15,000円~25,000円程度

 

どの水道業者も基本見積もりは無料の所が多いです。電話でしっかり「現地見積りは無料ですか?」と確認しましょうね!

 

まとめ

・水位が高い場合はお湯をかける(50〜60度)
・困ったらラバーカップを使用
・止水栓の開け閉めを忘れずに

繰り返しになりますがお湯をかける時は必ず沸騰したお湯をかけてはいけません。最悪の場合便器が割れてる危険性があります。

トイレのつまりは何かと日常の中で多いトラブルです。だからこそ、普段のトイレの使い方はしっかりしないといけませんね。
全て試したけど改善されなかったときは無理をしないで業者さんに頼むほうが安心安全ですが、まずは自分で試してみるのも1つの方法です。

それでは良きトイレライフを送ってください。

-生活
-, , , ,

Copyright© キーワードなび! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.