生活

日立の洗濯機BW-D10XTVの金属異音の原因がわかった!対処方法あり。

投稿日:

我が家の洗濯機は日立製のBW-D10XTVです。

この洗濯機が2日前から急に金属の異音を爆裂させてギ~キ~と唸っている!

異音が発生するタイミングは【すすぎ~脱水】にかけてです。

今日は日立の洗濯機BW-D10XTVの異音発生から修理までのストーリーを記事にしました。

1日目 異音発生日

まず最初に金属異音が発生したのが2018年3月16日(金)の夜9時ごろの事です。

嫁さんが「なにかすごい音がする!」と言う所からこの一件はスタートしました。

私が「どれどれ・・。」と洗濯機に近づくと「ギ~でもキ~でもギャー」でもない物凄い金属音を発生していました。

これはヤバいやつだなと思い、ストップボタンを押して洗濯機の動きを止めると鳴りやみました!

嫁さんは「以前、ヘアピンの様なもの(本人も何かは分からな)を洗濯槽と本体の隅間に落とした」と言っていてその事が原因かも?

と不安げな様子でした。

いづれにしても今日は夜で私も一杯やってて動きたくなかったのでので、「明日裏の点検口から見てみるよ」と言う事でこの日は終了しました・

 

2日目 異物確認

翌3月17日(土)洗濯機を引きずり出して裏の点検口をオープンしようと思った所、最近の洗濯機には大きめの点検口はないようで、10センチ四方の点検口らしきものがアチラコチラにありました。(以前は裏をみたらバーンと40センチ四方が開くものが主流だったのですけどね・・とは言え私が家電販売をしていたかなり昔の情報ですけど(苦笑))

で、手当たり次第に小さめの点検口を開けるも何も見つからな状況。

日立の洗濯機BW-D10XTVは本体コンセントの所にもビス2本で止まっている点検口?の様なものがあり、そこも外して手を本体の中に入れて何かないかゴソゴソと手探りで探してみました。(腕が途中までしか入らない程度なので目視は出来ませんでした)

そして出てきたのがコレです!

金属の破片!?

え?嫁さん何を落としたんだ???それとも嫁さんの落としたものが原因で中の部品が破損したのか?と思いましたよ。

もしかしたらこの金属の破片が中で暴れて金属の異音を発生させていたのかもしれないと思い、洗濯機のテスト運転をしてみました。

洗濯の時は何も音がせず「お!直ったのか?俺は天才だな(笑)」と思っていたのですが「すすぎ~脱水」の所ぐらいでまた始まった金属音の爆音です!

「駄目だった!」もう手に負えなくなった私は日立の洗濯機BW-D10XTVの保証書を探し出しました。。

しっかりものの私(笑)は保証書入れに入っていた日立の洗濯機BW-D10XTVを発見!なんと長期保証に加入していまして

購入日2015年2月。保証期間は2020年2月となっていました。嫁さんが落とした異物での破損でなければこれで無料保証が受けられるはずと思いちょっとだけ安心。

そのまま販売店へ連絡をする事となりました。

販売店からメーカー

販売店へ連絡した際に対応はメーカーである日立が行うと言う事で日立のサービスからの電話を待つことになりました。

2~3時間後に女性のコールスタッフから連絡があり最短での訪問が3月19日(月)である事を告げられ本当は次の日3月18日(日)に対応して欲しかったのですが、サービスマンも日曜日は休みかなと思い了承しました。その際19日(月)は昼から私も外出するので午前中までに対応して欲しい旨を伝えると、コールセンタースタッフは「お客さんのご都合はサービスマンにお伝えします。訪問当日3月19日(月)午前中にサービスマンから連絡させるのでその時に詳細の時間を調整させて頂きます」と言う内容で電話を切る事となりました。

対応はそんなに悪くなかったのですが、なんとなくメーカーの都合を優先している印象を受けました。(あくまで私の個人的意見ですよ)

日立のサービスマン現る!

3月19日(月)午前8時前に知らない携帯電話からの着信。もちろん日立のサービススタッフの方でした。

丁寧な感じの物言いで大変好印象でした。

私が早い時間帯の希望を伝えると、私の所に伺う前に1件冷蔵庫の故障でお困りのお客様の所へ緊急の案件がある事や、私の洗濯機の故障の原因はある程度特定出来るので事前に部品を用意して伺えば30分程度で修理が完了する事など親切に教えてくれました。

時間を了解して、待っていると10時くらいに訪問されました。

50代くらいの方で養生もしっかりしてくれて、私が取り出した破片を見せると、

「恐らく運送中に洗濯槽(モーター部分)を揺れない様に固定する部品の一部が振動により破損したのでしょう!この部品は輸送中に固定をする役割のみで洗濯機能とは全く関係ありません。出荷時にこの部品のナットを固定するトルクを強く締めすぎる事が原因で数年後に洗濯機の振動で破損する事がたまにあります。」

この部品です↓

つまりこの部品の一部(ナットで固定してある箇所)が破損する事により固定が解除されて、脱水時の振動で金属音を発していると言うのが原因でした。

サービスマンは洗濯機を寝かしてこの部品を取り換え(5分程度)あとは金属音が本当に解消されたかのテストを15分程度行いました。

養生~作業~確認(養生の片付け)~サインこの全ての工程で30分程度でした。

料金は0円!

長期保証での対応外部品の様ですけどメーカー側で修理費用を持つと言う様な事を言っていました。

ま~そもそもメーカー側のトルク締め付けミス的なものなのでリコール的な事なのかな?この辺りの詳しい事は分かりませんが、有料と言われた方は交渉の余地はあるのではないでしょうか?

まとめ

日立の洗濯機BW-D10XTVの金属爆音騒動を時系列で記事にしました。

対応はま~ま~良かったと思います。部品注文などで時間がかかったら嫌だな~と思っていたので訪問時即日修理完了したのは助かりました。もっとも比較的多い事案で部品をストックしているという見方も出来ますが(苦笑)

サービスマン曰く輸送時の洗濯槽(モーター部分)を固定するために必要な部品であり無くても問題ないとの事です。

DIYが出来る方はこの部品を外してしまえば金属音は解消できると思いますよ。

ただ、なぜかサービスマンは同じ部品を付けて帰りました(不要な部品ならわざわざ付けなくても良いと思うのですが・・・・その辺も大人の事情があるのかもしれませんね。笑)

※DIYは自己責任でおねがいまーす。

-生活
-, , , , , ,

Copyright© キーワードなび! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.