ビジネス

満室で賃貸アパート経営を安定させるノウハウ!

更新日:

私の新築物件は6部屋全て空室です(涙)

北九州市小倉南区に建築した物件は昨年2017年12月に竣工したのですが諸事情により本格的な募集が2月初旬からになりました。

スタートで出遅れた感じでしたが、でも2月・3月でどうにか3部屋くらいは決まるだろう!と高を括っていました。

しかし、あれから1か月!全く決まりません!入居率0%です。

4月末から毎月支払いが235,000円発生します!

どうにかしなくては・・・・。

以前にこのブログでも記事にしましたが私はサラリーマンですが、別にもアパートを1棟持っていて満室経営で2年回しています。

その秘訣は管理会社と仲良くなる事。言い換えれば協力してもらえる関係性を作る事だと思っています。

・偉そうにしない。

(あくまでもビジネスパートナーと言う位置づけです。管理会社の人は物件オーナーとして下から接してくれますがそれに甘んじては駄目です)

・自分勝手な要求・要望はしない。

(家賃や募集条件など【自分本位】な考えはマイナスだと思っています。実際に満室にするのは難しいですね←今の私がこれ!反省中)

・管理会社の提案に耳を傾けて実行する

(私の物件にはシューズBOXが設置されてなかったので管理会社の営業マンに言われて設置。また玄関マットやスリッパ、部屋の飾りつけなども行いました)

・ちょいちょい差し入れを持参して挨拶に伺う。

この様な事です。

 

そして、効果てき面な方法なのか【営業報奨金制度】を提案しました。

1部屋につき2万円を仲介の営業マンに直接支払うと言う約束をプリントアウトして名刺の裏にラミネイトします!

1棟目はこの方法で4ヶ月で満室にしました。

アパート賃貸経営を成功させる行動

2棟目はまだ何も行動が出来ていません。

まずは、現在管理をお願いしている大手仲介会社に訪問します。(今日3月14日にアポイントをとっています)

その上で募集要項をまとめたパンフと営業報奨金カードを配布します。ここで家賃の改定を行います。

もともと近隣よりも3000~5000円ほど高い賃料で募集していましたので相場並みに戻す計画を伝えます。

さらに、同じ物を近隣の仲介会社へ配布する許可をもらいます。

(勝手に近隣仲介会社に声を掛けると管理業者は良い顔はしないと思います。このあたりが管理会社を円滑な関係を作るポイントだと思います)

その事で、管理会社に適度なプレッシャーをかける作戦となります。

実際にどうなるか結果を公開します!

賃貸アパートの満室日記と言うコンセプトでブログを更新しようと思います。

空室がなかなか埋まらずに苦しむ賃貸経営者のヒントにでもなればと言うコンセプトです。あとはブログのネタとして(苦笑い

お楽しみに!

-ビジネス
-, , , ,

Copyright© キーワードなび! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.